アプリでの個人管理で

最近はスマホなどで健康管理のアプリを使用する人が増えています。毎日の自分の健康状態を楽しみながら管理できるほかに、アプリで目標を設定することでいろいろなご褒美がもらえたり、キャラクターがメッセージをくれたりするものもあり、面白いものがたくさんあります。 アプリの個人管理で注目することは、インターネットと連携して、同じアプリを使っている人と競争したり、情報を共有できたりする機能を持っているものも多いという事です。他人と競争することで一人でやっているよりも励みになり、また情報を共有できることで同じ話題を共有できる仲間も増えて、健康管理を行うことが楽しくなります。 今まで健康管理というと自分で測定して自分でただ記録を付けるだけという単調なものでした。例えば血圧の管理をしている人は毎朝血圧を測定して、その変化をグラフにしている人もいますが、なかなか長続きしている人は多くありません。医師の指導により仕方なくやっているという人も少なくありません。しかし、それでは健康管理が単に医師に報告するだけの無味乾燥なものになることが多いものでした。 健康の個人管理が出来るアプリが現れてきたことで、無味乾燥な個人管理がゲーム性を帯びたものになり、楽しみながらできる様になりました。目標をあらかじめ設定し、目標を達成すると特典がもらえたりランキングに掲載されたり、またその数値を用いてゲームに参加できたり、他人と競ったりといった、非常に楽しいものになりました。その為健康管理をする人が急激に増える原因となったのです。 但し、アプリによる弊害もあります。ゲームを楽しみたいというために過剰なほどの管理を行ったり、無理なダイエットを行うといった例もあります。アプリを楽しむのも良いのですが、自分の健康を管理するためのものですから、過剰になりすぎて健康を害したのでは本末転倒です。節度ある使用をして、楽しく利用することが大切です。

スマホなどのアプリで健康を

最近ではスマホの無料アプリで健康管理をすることが → 詳しくは一覧から

Copyright(c) 2015 健康の管理もデジタルグッズで All Rights Reserved.