デジタルグッズが簡単である

日々の健康管理もデジタルグッズを使えば、簡単で手間いらずです。今、注目を集めているのは、スマートフォンと連携して健康管理できるデジタルグッズです。 歩数計や移動距離、消費カロリー、睡眠時間などを測定できるウェアラブルなデジタルグッズは、機器内部のセンサーがデータを記録して定期的にスマートフォンに送ります。スマートフォンにも歩数計アプリはありますが、室内では持ち歩かない場合が多いので、衣服に取り付けたり、リストバンドタイプのデジタルグッズは邪魔にならず便利です。連続駆動時間も4日から10日と長くなっています。機器には3軸センサーが内蔵されていて、身につけた人間の動きを感知して歩数を測定します。 アプリでは、歩数や移動距離、消費カロリーなどをまとめて表示したり、グラフ化するなどして、一目で把握できるようになっています。睡眠中も身につけることによって、睡眠サイクルを記録できるタイプもあります。 トレーニング用には、GPS機能の付いた腕時計タイプがあります。区間ごとに時間や速度の記録、走行ルートの確認も可能になっています。心拍数の測定も可能で、専用サイトでトレーニングプログラムを作成できるなど、専門的な使い方もできます。 パソコンやスマートフォンにデータを送ることができる健康管理機器としては、歩数計以外にも体重計や血圧計、体温計などがあります。体重計からは、体重や体脂肪などのデータをグラフ化し、さらにダイエットサポートアプリを使えば、アドバイスも受けられます。血圧計では、簡単に血圧手帳を作って管理することができます。婦人体温計のデータからは、基礎体温表を作成できます。また、これらをまとめて管理できるアプリもあり、自分の身体の変化をグラフで見て、健康管理に役立てることができます。 デジタルグッズを賢く使えば、データを手作業で入力する手間が省け、簡単な操作で自分の身体の状態を把握できるので、毎日の健康管理が無理なく行えます。

使い方がシンプルになる

最近はデジタルの機器が非常に増え、健康管理の器具にも → 詳しくは一覧から

Copyright(c) 2015 健康の管理もデジタルグッズで All Rights Reserved.