ウェアブルデバイスの台頭から

ウェアブルデバイスという言葉が生まれてからしばらくが立ちます。このウェアブルデバイスというのは自分自身の意思で身につけることが出来る何らかのデバイスのことを言います。例えば広く普及している携帯電話などもデバイスの一種です。非常に多機能なスマートフォンなども優れた機能を持つデバイスの一つです。しかしそれらの機能の一部しか使えなかったとしても、身につけることのできるものとして取り扱うことのできるデバイスが生まれるとしたら非常に便利な生活を手に入れることができるかもしれません。そんな夢が広がるウェアブルデバイスの台頭が既に始まっています。 スマートフォンの台頭はその序章であったと言えるかもしれません。スマートフォンは携帯デバイスではありますが身につける濃音が出来ないものであるためウェアブルデバイスとは呼びません。近年台頭を始めているウェアブルデバイスとしては健康管理を目的としたものが人気を集めるようになってきています。古くは万歩計と呼ばれる歩数計が盛んに活用されていました。これは今でも現役のウェアブルデバイスの一種です。歩く時の振動を自動でカウントし、一日の運動量をある程度把握することに有効に機能します。この様な医療や健康目的で開発されているデバイスが近年増え始める気配を見せています。 例えば腕時計が他のデバイスに血圧測定や脈拍測定機能を持たせることが出来れば、その腕時計はもはや健康維持のためのウェアブルデバイスと呼ぶことが出来ます。自動で血圧を測定して記録として取り出すことが出来たり、危険な状態に近付くとアラームで教えてくれるなど様々な機能を持たせることが出来ます。この様に医療分野の健康グッズもデジタル化されていく時代になったと言えるでしょう。身につけることのできる健康器具が開発される様になる時代もすぐそこに来ていると言えるかもしれません。持病を持っている人などには安心の機能がそこに生まれる可能性も十分あるのです。

身体に身に付けることで

身体に身に付けることで簡単に自分の健康管理ができ → 詳しくは一覧から

Copyright(c) 2015 健康の管理もデジタルグッズで All Rights Reserved.