身体に身に付けることで

身体に身に付けることで簡単に自分の健康管理ができるグッズが最近では増えてきています。腕につけるだけのリストバンド型や女性にとって使いやすい髪留め型のデバイスなど身体に身に付けやすい形で販売されており、コンパクトでありながらその機能は非常に優れた内容です。主な機能は消費カロリーや一日の歩数、移動距離、体重記録や睡眠時間のデータ管理です。デバイスを身体に身に付けることで歩数から一日の歩いた距離と消費カロリーを測定し、また一日を通してどのような運動をしたのかを記録されます。また身体を動かさない時間が設定値 に達してしまうとデバイスはバイブレーションで身付けているユーザーに立ち上がって運動するよう知らせる機能も備えています。手首の細かな動きをモニターすることで、眠りに落ちるまでの時間やレム睡眠・ノンレム睡眠のバランス、夜間に何回目を覚ましたのかなど眠っている時間も健康管理データとして記録し、目覚まし機能として無音のバイブレーションも搭載されています。 さらにスマートフォンやアプリを使ってデバイスのセンサーと連携させることで記録のチェックや長期間のデータ保存がより簡単になります。

Copyright(c) 2015 健康の管理もデジタルグッズで All Rights Reserved.